So-net無料ブログ作成

LEICA POCKET BOOK 日本版 [カメラ]

leica book.JPG
おとなの
図鑑

記号
品番
白黒写真

製造年や
スペックを
体系的に網羅


頻度はないけど
無いと
少し
困る
理科年表的
存在


DOMKE F6 [カメラ]


DOMKE F6.jpg
F6
愛用DOMKE
小容量タイプ

シンプルで使いやすい
メモノートや身の回り品
レンジファインダーとコンデジ
大げさでないサイズ
取り外し可能な
コンパートメント

帆布の退色が激しいので
ベージュがベスト

なんか時代遅れなかんじ
そこが魅力

LEICA 12585 [カメラ]


LEICA12585.jpg左 12585
 35mmと50mm 兼用
右 12504
 35mm

LEICAのフード

レンズの年代に合わせて
フードが必要
断言

写真そのものは
カメラボディでなく
レンズによるもの
本来
キャノンのレンジファインダーに
LEICA Lマウント
なんてのが潔い
って
 そんな簡単にはいかない

持ってるだけで
美しいものに
理由はない

デパ地下が
HOODSHOWだったら
毎日行くけど


聖地 NIKON 大井町工場 [カメラ]

nikon.JPG

NIKON 大井町工場

------のメッカ
って普通につかうけど
この「メッカ」
むちゃ用法だよなぁ

カメラの
ニコンマニアの

誰がなんと言おうと
聖地

旧態の工場然

職人が調整するような
レトロな機械が
躍動していて欲しい

ヘルシンキ
ARABIAみたいな
写真に見える
かも


PENTAX MX [カメラ]

pentax mx.jpg

PENTAX  MX

小型軽量が流行った時代性
OLYMPUS OMのライバル
最小・最軽量をうたった
機械式カメラ

フィルムの大きさもあるし
メカはどこに入っているのか
限界的に小さい

SLという
もっと古い機械式を
いつか買おうかと
楽しく悩む
そんなある日
いただいた

本来は露出計内臓
使わなければ
電池不要の機械式

LEICAみたいに
軽い散歩に
持ち歩こう!

ストラップを何にしよう
楽しく悩む


GOSSEN SIXTINO 2 [カメラ]

GOSSEN.jpg

ゴッセンの露出計
アナログ

首から提げて
のんびりした気持ち

ピコピコ動く針
ダイアルを廻して
いかにも
アナログの愉しみ

ライカのリズム感

完全にフィルムから離れて
使わなくなったら
「晴れ測定器」にする

「本日はf16 1/1000な晴れ」
かなり
具体的なかんじ?


KODAK DUAFLEX Ⅱ [カメラ]

KODAK.jpg

KODAK
DUAFLEX Ⅱ

飾るために買った
クラシックの二眼レフカメラ

少し前
銀塩カメラの出荷・販売台数の
業界発表が中止された
あまりに少なく
記録数値に値しないらしい
そのうえ
先日銀塩カメラのピーク出荷を
超えたらしい


愛用してるし
ヘタしたら
まだ欲しいモデルがある
でももう限界なのかも

「多過ぎて使いきれない」
そんな話しではなく

例えばレンズ
AFなんて
外側質感に
こだわる必要がない
手触り感とか
クリック感とか

でもそのチープな感じが
買う気が失せる大きな理由

この単純な箱
スカスカで
簡単な構造で充分な
カメラの原点

ただの懐古趣味だね


DOMKE F802 [カメラ]

DOMKE MESS.jpg

メッセンジャータイプの
カメラケース

購入した当時は
このオリーブは限定色で
引っかかってしまった

モデル違いで買い増す際にも
定番のベージュを選ぶべき!

黒もオリーブも
退色の速さは恐ろしい
あっという間に
白くなり
ユーズド感たっぷりの貫禄に

一応褒めておくと
サイドと底はパット入り
カメラより
PCケースに便利

DOMKE好きでも
カメラケースとして
最初の1個にはどうかな

この古臭いかんじが好き


AGFA [カメラ]

AGFA.jpg

AGFAのモノクロフィルム

減る一方のモノクロフィルム
このAGFAも今は無い
冷蔵庫の中で発掘

それも25という低感度の特殊なタイプ

そういえば
通常の100や400はまだ生産中で
25が廃番になる際に買っておいた

クラシックカメラが多いので
この感度は
シャッタースピードを補ってくれる

LEICAには
AGFAかILFORD
せめてKODAK
メーカーや感度を
使い分ける愉しみは
いまでは選択肢が少なくて
とても窮屈になった



保存してても
たいした意味は無いので
使うことにしよう


POLAROID [カメラ]



HD-DVD 敗色濃厚
そんなニュース関係ないっし
と思ってたら
ポラロイドフィルム製造中止のニュース

そんなに使わないけど
以前は
簡単なメモに使用
その場でデータを書き込む

出先でプリントが必要なければ
持ち出すことは無い

銀塩フィルムがなくなる
そんな日も近いのかもなぁ

困ることは無いのかもしれない
こいつの出番は
それで完了
いつもの「ディスプレー」に戻る
それだけかもしれない